1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文部科学省/教育用PCの整備が進む市町村が多いのは北海道

2015年3月18日

文部科学省/教育用PCの整備が進む市町村が多いのは北海道

文部科学省は11日、教育の情報化サイトに、2013年度市区町村別「教育用コンピュータ・電子黒板の設置状況」(小学校・中学校)を掲載した。

教育用コンピュータの整備について、第2期教育振興基本計画の目標値「1台当たりの児童生徒数3.6人」を達成している市町村の数が多いのは、小学校では、北海道(59)、福島県(25)、高知県(20)の順。中学校では、北海道(118)、長野県(29)、福島県と熊本県(27)の順となった。

電子黒板の整備では、全ての学校に整備されている市区町村の数が多いのは、小学校で、北海道(91)、長野県(56)、埼玉県(44)。中学校では、北海道(86)、長野県(46)、熊本県(40)の順となった。

関連URL

教育の情報化サイト

問い合わせ先

文部科学省
電 話:03-5253-4111

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録