1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 東京立正中学/すららネットのSkype英会話授業を正規カリキュラムで採用

2015年5月12日

東京立正中学/すららネットのSkype英会話授業を正規カリキュラムで採用

東京立正中学校・高等学校は11日、すららネットが提供するSkype英会話授業「おしゃべリンガ」による授業を、中学1年生全員を対象に開始した。正規カリキュラムでのSkype英会話授業の実施は、関東の小中学校で初の試みだという。

フィリピン人講師はすべて4大卒、社会人経験者

5~6人のグループに分かれて行われる授業の第1回目となったこの日、生徒たちはおのおのヘッドセットを装着して学習室のパソコンに向かった。Skypeでつながったフィリピンの講師と挨拶や自己紹介の後、簡単な英語のやりとりを体験した。

生徒たちは、事前にクラウド型学習教材「すらら」で、今回の内容とリンクした英語学習を行っており、初めての外国人講師との英会話にも臆することはなかったようだ。

生徒に対応した講師は今後1年間固定され、1対1でのコミュニケーションと学習を深めていくことになる。

25分間の授業終了後生徒に感想を聞くと、「先生の言っていることは半分くらいしか分からなかったけど、優しく対応してくれるのでなんとかやれた」、「最初より後の方が先生の話していることがよく分かった。楽しかった」、「ペンで画面に書いてくれるので分かり易かった」など、概ね好評だった。

今年度は1年生全員1人当たり10回の授業を行い、来年度からは1、2年生で実施する予定だという。

英語教育の重要性について語る澤田校長

今回の取り組みについて、澤田幸雄校長は「グローバル化に対応できる人材を育成するためには、英語力は欠かすことができない。これまでの『読み・書き』だけでなく『聞く・話す』能力を向上させることが重要な課題。総合的な英語力向上のために『すらら』や『おしゃべリンガ』を導入している。英語を学ぶモチベーションアップのきっかけを提供することで、生徒たちが自ら成長するサポートをしたい」と、語った。

また、同校では今後、海外研修プログラムや、Skypeを使った海外交流、英語によるプレゼンテンションなど英語教育の充実に加え、1人1台配置済みのタブレットを活用したICT教育にも力を入れていく予定だという。

関連URL

東京立正中学校・高等学校

すららネット

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス