1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CCLと豆蔵/1千万件以上のID-POSデータとツールを使った企画書作成講座を共同で提供

2015年8月21日

CCLと豆蔵/1千万件以上のID-POSデータとツールを使った企画書作成講座を共同で提供

カスタマー・コミュニケーションズ(CCL)と豆蔵は20日、1千万件以上のID-POSデータとツールを使った企画書作成講座を、9月から共同で提供開始すると発表した。

講座を利用した授業の様子

豆蔵いにょる授業の様子

講座は、ビッグデータ利活用を実現するための方法論”要求開発BD”(データディスカバリ)と仮説検証ツール、実践的なデータ分析方法の3つで構成。仮想データではなく実際のID-POSを使った分析や方法論、企画などをワークショップ形式で体験してもらう。

2015年6月には、一橋大学 商学部の「インタラクティブ・マーケティング」の授業の中で、「豆蔵データディスカバリ演習」として実施。

これまでのマーケティング演習で分析ツールを使う場合は、仮想データを利用していた。ID-POSデータを使うことで、より実践的な教育コンテンツとして本講座が評価されたという。

関連URL

カスタマー・コミュニケーションズ

豆蔵

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス