1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「インタラクティブ・ホワイトボード」の世界市場、2027年まで年平均5.9%の成長見込み=Report Ocean調べ=

2021年11月9日

「インタラクティブ・ホワイトボード」の世界市場、2027年まで年平均5.9%の成長見込み=Report Ocean調べ=

Report Oceanは8日、コンピュータに接続されたタッチスクリーン「インタラクティブ・ホワイトボード」の世界市場に関する新しいレポートを発表した。

それによると、インタラクティブ・ホワイトボードの世界市場は、2021年~2027年の予測期間では、5.9%以上の健全な成長率が見込まれている。

世界のインタラクティブ・ホワイトボード市場は、2027年までに61億1000万米ドルに達する見込み。2020年に約42億8000万米ドルと評価されており、2021年~2027年の予測期間に5.9%以上の健全な成長率を示すと予想されている。

インタラクティブ・ホワイトボード(IWB)またはスマートボードは、コンピュータに接続されたタッチスクリーンであるインタラクティブ・ディスプレイ・ボード。

デジタル教室の増加、eラーニングコースの人気上昇、デジタル学習を支援する政府の取り組みなどが、インタラクティブ・ホワイトボードの需要を生み出す要因になっている。

教育分野における革新的な技術の導入が進んでいることから、アジア太平洋地域、北米、欧州、ラテンアメリカ、その他の地域の中では、欧州が収益面で世界市場を席巻。

一方、アジア太平洋地域は、インド、中国、日本などの国の政府がEラーニングに取り組んでいることから、予測期間中に大きな成長が見込まれている。

この調査の目的は、近年の異なるセグメント&国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測すること。同レポートは、調査対象となる各地域・国における産業の質的・量的側面を取り込むように設計されているほか、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供している。

関連URL

無料「サンプルリポート」

Report Ocean

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス