1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 埼玉県/「CoREF」と開発した授業改善の成果を県内47校で公開

2015年9月29日

埼玉県/「CoREF」と開発した授業改善の成果を県内47校で公開

埼玉県は、東京大学の大学発教育支援コンソーシアム推進機構「CoREF(コレフ)」と連携し、研究を進めてきた成果を発表する公開授業を、9月から11月にかけて県立高校を中心とした47校で開催する。

県教育委員会では、生徒のコミュニケーション能力、問題解決能力、情報活用能力などを育成するため、2010年度からCoREFと連携し、協調学習の手法を活用した授業の研究と実践を進めている。

2015年度からは、「未来を拓く『学び』プロジェクト」として、生徒に異なる課題を事前に与え、異なる情報や考えを持ち寄り、理解を深めさせる学習指導方法”知識構成型ジグソー法”を取り入れ、授業改善に取り組んできた。

公開授業は、県立高校44校、県立中学校1校に、さいたま市立浦和高校、川口市立県陽高校を加えた計47校で開催。

生徒の思考力・判断力・表現力とともにコミュニケーション能力や問題解決能力をはぐくむ授業の実践と研究協議などを行う。

なお、参加対象は、小中高、特別支援学校の教員のみとなっている。

概要

公開授業開催校・実施日時(PDF)

問い合わせ先

埼玉県 教育局 高校教育指導課 来を拓く学び推進担当
電  話:048-830-6625
a6760-26@pref.saitama.lg.jp

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス