1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. eラーニング アワード 2015/「日本e-Learning大賞」はサカワの「Kocri」

2015年10月28日

eラーニング アワード 2015/「日本e-Learning大賞」はサカワの「Kocri」

eラーニングアワードフォーラム実行委員会と日本工業新聞社が主催する「eラーニング アワード 2015 フォーラム」は28日、東京御茶ノ水のソラシティ カンファレンスセンターで「日本e-Learning大賞」の表彰式と開会式を行い開幕した。

el-01

大賞受賞 サカワの坂和寿忠常務と実行委員会の福原美三委員長

「第12回 日本e-Learning大賞」の最優秀賞は、サカワのハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」が受賞した。

Kocriは、日本中の学校にあり授業で一番使われている黒板を生かし、身近なICT機器であるスマートフォンを組み合わせて、新しい黒板の使い方を生みだしたアプリ。2015年7月29日の発売から2日間で、1000ダウンロードを達成した。

各賞の受賞者たち

各賞の受賞者たち

経済産業大臣賞は、Classiの「Classi -先生とともに生徒の学びを支援する学習プラットフォーム-」が、文部科学大臣賞は、桜丘中学・高等学校の「生徒・教職員の創造性を刺激する,iPadがある学校生活」が、総務大臣賞は、EnglishCentralの「最先端技術とプロの英会話講師たちが生み出す英語学習の新たな可能性-」が、厚生労働大臣賞は、北里大学病院看護部・北里大学東病院看護部の「コンピテンシー理論を基盤とした看護職のキャリア開発を支援するeポートフォリオ」が、それぞれ受賞した。

その他EdTech賞、アクティブラーニング賞、アプリ賞など15の部門賞が表彰された。

「eラーニング アワード 2015 フォーラム」は30日までの3日間の日程で、60以上の講演やセミナーが開催される。

関連URL

受賞者一覧表

セミナー・講演プログラム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス