1. トップ
  2. ツール・教材
  3. キヤノンITS/複数OS環境のクライアント管理ソリューションを来年発売

2015年11月16日

キヤノンITS/複数OS環境のクライアント管理ソリューションを来年発売

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は16日、文教市場に向けてMacやWindows、Linuxなど複数のOSが混在する環境におけるクライアント管理ソリューション「in Campus Device(インキャンパス デバイス)」を、2016年1月から販売開始すると発表した。

「in Campus Device」の機能

「in Campus Device」の機能

教育現場では、OSが混在する環境下での端末運用の難しさや、頻繁に実施されるセキュリティパッチやバージョンアップへの対応などにより、学内システム管理者の作業負荷の増大が、大きな課題となっているという。

「in Campus Device」は、キヤノンITSの教育支援情報システムを構築するための独自プラットフォーム「in Campus」シリーズに、新たに加わったクライアント管理ソリューション。

Mac・Windows・LinuxなどOSが混在している環境でも、クライアント端末の運用を効率的に行うことができ、学内システム管理者の作業負荷を軽減するという。

複数OS環境での、各端末の利用状況の監視や電源管理、端末障害時のフローの一元化から実行ジョブの管理など、端末管理に必要なさまざまな機能を集約。

また、BootCamp機能でMac端末にWindowsもインストールされている環境では、端末管理に加えて、ブートイメージのリストアや配信、アプリケーション配信など、OSやアプリケーションも一元的に管理することができる。

さらに、イーゲルが開発したソフトウェア管理フレームワーク「vThrii Seamless Provisioning」と連携。これにより、マルチデバイス混在環境にも対応し、ネットワークブートや差分イメージのオンデマンド転送、セキュリティパッチやバージョンアップなどの更新メンテナンス作業を容易に行えるという。

すでに、東京大学情報基盤センターが「in Campus Device」と「vThrii-P」を採用し、2016年3月から稼動を開始する予定。

「in Campus Device」と「vThrii-P」を組み合わせた端末管理システムの構築参考価格は、端末数100台規模の(ハードウェアを除く)初期導入費用として300万円(税別)となっている。

関連URL

キヤノンITソリューションズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス