1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. キヤノンMJから教育機関向けソリューション「in Campus Device 2.0」

2016年12月14日

キヤノンMJから教育機関向けソリューション「in Campus Device 2.0」

キヤノンマーケティングジャパンとキヤノンITソリューションズは13日、OS混在環境でのクライアント管理を実現する教育機関向けソリューション「in Campus Device 2.0」を、1月上旬から提供開始すると発表した。

「in Campus Device2.0」画面イメージ

「in Campus Device2.0」画面イメージ

近年、OSやアプリケーションなどの脆弱性を悪用したサイバー攻撃が急増しており、教育機関でもサイバー攻撃に対処するため脆弱性対策が急務となっているが、多くの教育機関ではクライアント端末を多数所有しているために、限られた人員や時間の中で迅速なパッチ適応を行うのは難しいのが実情。こうした課題を解決するために、両社は「in Campus Device」の新バージョン2.0の提供に至ったという。

新バージョンでは、クライアントPCがMac端末だけでなくWindows端末でも統合的な管理ができ、OSの異なる混在環境や点在する端末の運用管理を効率化することができるという。

また、システム管理者の作業負荷が大きいセキュリティパッチやバージョンアップなどの脆弱性対策も、vThrii-P ProおよびvThrii-P Lightと連携することで、セキュリティを強化し業務の効率化が実現できるとしている。価格は100万円(税別)からを予定。

関連URL

キヤノンITソリューションズ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス