1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フォスキアジャパン、年額60万円の「VR Campus」を最大5万円にまで値引き

2020年6月16日

フォスキアジャパン、年額60万円の「VR Campus」を最大5万円にまで値引き

FOSCHIA JAPAN(フォスキアジャパン)は15日、同社の、VRでオープンキャンパスを実現するサービス「VR Campus」を、通常年額60万円のところを、最大5万円にまで値引きすると発表した。


同社は、コロナ禍対策として、当初、「VR Campus」を6月11日~8月31日までの受注分について、年額60万円のところを特別価格の初年度9万8000円で提供を開始した。

ところが、問い合わせが殺到し、もっと低い予算でできないものかとの相談が寄せられたため、15日~8月31日までの間、学校の規模により、さらに半額程度の、初年度限定で5万円で「VR Campus」を提供することにした。

主に対象となるのは、高校や短大、専門学校などだが、一部の大学も含まれる。学校の敷地面積やどの程度の公開をするのかを同社窓口に相談することで、費用を抑えられる可能性が高い。見積もりや事前の打ち合わせなどは、すべて無料。

いずれにせよ、学校の規模により、9万8000円か、5万円かどちらかで提供されることになるが、従来、60万円の年額費用を考えると、同社としては「赤字提供」になるという。

「VR Campus」は、オープンキャンパス開催時に撮影をするのではなく、あくまでも、通常の状態で学校を撮影。

VRにしたのちに、学校案内や資料請求、模擬授業など、オープンキャンパスを体現できるコンテンツを、テキストや動画などをVR内に埋め込むことで、オープンキャンパスを再現する。

実際の事例としては、動画コンテンツ内に「交通費補助チケット」とつけたり、VR内で「宝探し」をさせて、グッズをプレゼントしたりと、楽しめるコンテンツにしている学校が多い。

関連URL

「VR Campus」詳細・問合せ

フォスキアジャパン

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス