1. トップ
  2. 教育事例
  3. iTeachers TV/Vol.28 佐野日大 安藤室長「それはカブトムシから始まった」(第2部)を公開

2015年12月2日

iTeachers TV/Vol.28 佐野日大 安藤室長「それはカブトムシから始まった」(第2部)を公開

iTeachers TVは2日、iTeachers TV Vol.28、佐野日本大学中等教育学校・高等学校 ICT教育推進室 安藤 昇室長による「それはカブトムシから始まった ~佐野日大ICT活用の軌跡~(第2部)」を公開した。

自主映画は佐野日大史上、文化祭で記録的なヒットを放つことになった。映像の魅力を知った安藤室長は次々に作品を生み出し、放送部を設立。10年連続全国大会への出場を果たした。そしてこの映像制作のノウハウは、タブレット導入後の授業や、先生向けのICT解説映像に生かされている。第2部では、校内の無線LANインフラや、先生・生徒の間で共有されている映像・教材コンテンツなどを具体例をまじえてご紹介する。

安藤室長は、1968年栃木県生まれ。日本大学理工学部物理学科を卒業後、理科教諭として佐野日大に勤務。現在は数学・情報を教える傍ら剣道部(全国ベスト8)、放送部(全国準優勝)の顧問を兼任している。ICT教育推進室 室長。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、シートカルクの木本  実 氏による「タブレットを使った文字の書き順、書き方指導の可能性」。
木本さんは、コンピューター雑誌のライター、CG制作などを経て、テレビ番組の制作などに従事。2013年には株式会社シートカルクを設立し、タブレットをターゲットにした教育用アプリの開発や映像コンテンツ制作を行っている。。

□「それはカブトムシから始まった ~佐野日大ICT活用の軌跡~(第2部)」

□「それはカブトムシから始まった ~佐野日大ICT活用の軌跡~(第1部)」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
採点ナビ

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • ​AIライティングに関する教育者向けリソース特集
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス