1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ギノ/無料サービス『paiza.IO』にPHP7とSwiftを追加

2015年12月10日

ギノ/無料サービス『paiza.IO』にPHP7とSwiftを追加

ギノは8日、ITエンジニアに特化したプログラミング転職サイト『paiza(パイザ)』で展開している無料オンラインプログラミング実行環境サービス『paiza.IO (パイザ・アイオー)』で、これまで実行可能だった24言語に加え、3日リリースされたPHP7と4日にオープンソース化された米国Apple社のSwift言語にも対応したと発表した。

paiza.IOは、プログラミング実行環境の構築における従来の手間を解消し、オンラインで気軽に色々な言語でのプログラミングができるサービス。2014年10月のリリースから、既に11万件以上のプログラミングコードが作成・実行をされている。

12月3日にリリースされたPHP7は、2004年7月にリリースされたPHP5.6以来、11年ぶりのメジャーアップデート。PHP7はPHP5.6に比べ2倍以上の処理パフォーマンスを実現した上、メモリ使用量の大幅削減、64ビットサポート、スカラー型宣言、 戻り値の型宣言、致命的エラーが例外としてキャッチできるようになっている等、多くの進化を遂げている。

Swiftは米Apple社が開発したプログラミング言語で、現地時間の12月3日にオープンソース化が実施されたことにより、どこでも誰でも無料で利用できるようになった。 初心者でも学びやすくパフォーマンス性の高いアプリを開発できる言語として、注目されている。

最新のPHP7とSwiftを使ったプログラミングの実行や学習ができるよう、piaza.IOではいち早く対応言語として追加した。

paiza.IOサービス概要

名  称:paiza.IO[パイザ・アイオー]
サイトURL: https://paiza.io
対応言語: C、 C++、 C#、 Objective-C、 Java、 Perl、 Python(2.x系)、 Python(3.x系)、 Ruby、 PHP、 Scala、 Go、 Haskell、 Erlang、 Bash、 R、 JavaScript、 CoffeeScript、 Cobol、 VB、 F#、 MySQL、 Clojure、 D、 Swift
計25言語
利用料金: 無料

関連URL

ギノ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス