1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 福岡市/NTTBPと博物館でBeaconを活用したコンテンツ配信の実証実験開始

2016年1月6日

福岡市/NTTBPと博物館でBeaconを活用したコンテンツ配信の実証実験開始

福岡市は、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)と、Beaconを活用したコンテンツ配信の実証実験を5日から福岡市博物館で開始した。

キャプチャ2実証実験は、福岡市博物館で織田信長の愛刀として知られる国宝の「圧切長谷部(へしきりはせべ)」を展示するのに合わせ、31日まで実施する。

福岡市博物館の企画展示室にBeaconを設置。専用アプリをダウンロードしたモバイル端末を持って展示室に入ると、Beaconの電波を受信して端末画面にプッシュ通知が届き、展示物に関連したコンテンツが表示される。

コンテンツは、学芸員が注目するポイントや魅力を紹介する内容となっている。

なお、今回の実験は、2015年4月に、NTTグループと締結した「地域共働事業に関する包括連携協定」に基づく共働事業として実施する。

キャプチャ

配信イメージ

関連URL

福岡市博物館
福岡市
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス