1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 福岡市/NTTBPと博物館でBeaconを活用したコンテンツ配信の実証実験開始

2016年1月6日

福岡市/NTTBPと博物館でBeaconを活用したコンテンツ配信の実証実験開始

福岡市は、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)と、Beaconを活用したコンテンツ配信の実証実験を5日から福岡市博物館で開始した。

キャプチャ2実証実験は、福岡市博物館で織田信長の愛刀として知られる国宝の「圧切長谷部(へしきりはせべ)」を展示するのに合わせ、31日まで実施する。

福岡市博物館の企画展示室にBeaconを設置。専用アプリをダウンロードしたモバイル端末を持って展示室に入ると、Beaconの電波を受信して端末画面にプッシュ通知が届き、展示物に関連したコンテンツが表示される。

コンテンツは、学芸員が注目するポイントや魅力を紹介する内容となっている。

なお、今回の実験は、2015年4月に、NTTグループと締結した「地域共働事業に関する包括連携協定」に基づく共働事業として実施する。

キャプチャ

配信イメージ

関連URL

福岡市博物館
福岡市
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス