1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネットワンシステムズ/横浜国大職員400名向け仮想デスクトップ環境を構築

2016年1月8日

ネットワンシステムズ/横浜国大職員400名向け仮想デスクトップ環境を構築

ネットワンシステムズは、横浜国立大学の全事務職員約400名が利用する仮想デスクトップ環境を構築し、セキュリティの強化や運用負荷の低減、起動速度向上の実現に貢献したと発表した。

20160108_01

横浜国立大学ではこれまで、ネットブート方式(端末の起動時にOSとアプリケーションをサーバからダウンロードして端末側で実行する方式)のシンクライアント環境で業務を進めてきた。

このシステムのリース切れを機に、サーバの利用効率向上、セキュリティ強化、クライアント運用負荷の低減のため、仮想デスクトップ方式を導入することに決定。

今回、仮想デスクトップ基盤に、ネットワンシステムズが提案する、EMC「VSPEX」をベースにした仮想デスクトップパッケージを採用した。この環境は2015年10月から稼働している。

仮想デスクトップパッケージは、仮想デスクトップソフトは「VMware Horizon View」、仮想化ソフトは「VMware vSphere」、サーバは「Cisco UCS Bシリーズ ブレードサーバ」、共有ストレージは「EMC VNX」、セキュリティ対策ソフトは「Trend Micro Deep Security」で構成されている。

これによって横浜国立大学は、職員が取り扱う業務データを完全に共有ストレージで集中管理可能にすることで、セキュリティを強化。

運用面では、マスターイメージ作成負荷の低下、故障端末の交換負荷の低下、管理画面の操作性の向上、そして、端末への毎日のアンチウィルスのパターンファイル更新作業が無くなったことで、運用負荷を大きく低減した。

さらに、端末の起動速度が大幅に向上することで、利用者の利便性も向上したという。

関連URL

ネットワンシステムズ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス