1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネットワンシステムズ/岐阜県公立学校の共通仮想基盤と遠隔研修システムを構築

2015年1月7日

ネットワンシステムズ/岐阜県公立学校の共通仮想基盤と遠隔研修システムを構築

ネットワンシステムズは6日、岐阜県教育委員会が、県内の全公立学校に提供する共通仮想基盤と、4K画質の高品質な遠隔研修システムを構築したと発表した。

岐阜県教育委員会は、県内全ての公立学校がネットワーク上で人材と教材を共有するというコンセプトのもと、「学校間総合ネットデータセンター」を2002年から運用開始。

今回、運用経費の削減と災害対策の強化、ビデオ会議システムの画質・音質向上といったシステム群の課題を解決するため、共通仮想基盤、遠隔地へのバックアップシステム、高画質・高音質の遠隔研修システムを構築した。

ネットワンシステムズは、共通仮想基盤として、VMware・Cisco・EMCの製品を組み合わせた事前検証済みの仮想基盤パッケージソリューションのEMC「VSPEX」を提案。また、遠隔研修システムとして、Cisco TelePresenceの4K画質の高品質なビデオ会議システムを提案した。

共通仮想基盤によって岐阜県教育委員会は、全県立学校の教職員約5000名が利用するグループウェアや、市町村立小中学校・県立学校の教職員約2万名が利用するWebメールなど、約40個の情報系システムごとに異なっていた物理サーバ群、各県立学校がそれぞれ所有していたファイルサーバを統合・集約した。これにより、設備投資コストと運用管理負荷を大幅に削減したほか、データを遠隔地でバックアップすることで事業継続・災害対策を実現している。

さらに今回のICT基盤の統合・集約に伴い、県内の公立学校の教職員全員の統合ID管理と、システム連携機能を新たに導入し、システム全体で利便性と運用性を大きく向上した。

また、4Kカメラの高品質なビデオ会議システムを使った遠隔研修で、教員は移動時間とコストを削減するとともに、臨場感の向上によって研修の効果を高めた。

関連URL

ネットワンシステムズ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス