1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 賞金総額500万円「RICOH THETA」活用アプリコンテストを開催

2016年4月6日

賞金総額500万円「RICOH THETA」活用アプリコンテストを開催

リコーは、全天球カメラ「RICOH THETA」を活用したアプリケーションやガジェットを募集する、2回目のオープンコンテスト「RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト」を開催している。エントリー期間は8月10日まで、作品の提出締切は8月31日。また、IoT 時代に向けた新しいプラットフォームを一足早く応募者特典として提供し、開発を支援する。

「RICOH THETA」は全方位を一度に撮影できるという特徴から、来るIoT社会においてもそのさまざまな活用が期待されている。しかし、「RICOH THETA」のようなイメージングデバイスを利用してIoT ソリューションを開発するには、機器側の開発だけではなく、クラウド側の開発や、サーバーの構築・運用など、組み込み以外の技術開発やノウハウが必要となり、従来の製品開発よりも開発期間やコストがかかることが課題になっている。

今回、応募者特典としてリリースするベータ版のクラウドAPI(Application Programming Interface)は、主にイメージングデバイスを使ってソリューションを実現しようとする方に向けて、開発が省力化できるよう、RICOH THETA用のBaaS(Backend as a Service)として公開するもの。
リコーの創業80 周年記念の一環として開催する本コンテストでは、このクラウドAPI を使用して開発した新しい「RICOH THETA」の活用を提案するアプリケーションを含め、前回同様に「RICOH THETA」と連動するアプリケーションやガジェットを幅広く募集する。

表彰内容は、最優秀賞1点100万円、優秀賞3点50万円など、総額500万円相当を予定している。

関連URL

RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録