1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネットと慶應大、AI活用の共同研究を開始

2016年4月11日

すららネットと慶應大、AI活用の共同研究を開始

すららネットは、慶應義塾大学と共同で、同社のクラウド型学習システム「すらら」に、人工知能(AI)で生徒と対話する機能「AIサポーター」を搭載し、生徒のモチベーションへの影響を調査する共同研究を24日から開始する。

キャプチャ

「AI サポーター」イメージ

今回の研究では、クラウド型学習システム「すらら」に、生徒の学習データにもとづいてAIが教員の替わり生徒と対話を行う機能「AIサポーター」を搭載。

3つのグループに分けた生徒群に対し、それぞれ異なる種類の対話を行い、生徒のモチベーションに与える効果について、教育経済学を専門とする慶応義塾大学 中室牧子研究室と共同で検証する。

AI機能は、NTTドコモのシナリオ対話と雑談対話のシステムを使い、学習開始時や1ユニット終了時に生徒に声掛けし、生徒とテキストで対話する。

「AIサポーター」は、生徒の個々の学習行動に応じて、人工知能が対話を行う機能を備えており、先生のフォローが行き届かない場合でも生徒個人に合わせた声掛けと対話を行うことができるという。

また、AIの活用で、先生や生徒自身では気付くことのできない生徒の学習行動を察知、適切なフィードバックで、生徒のモチベーションを高めることを実験では期待している。

実験期間は4月24日~10月23日までの6カ月間で、全国150名程度の「すらら」利用者を対象に実施を予定している。

関連URL

すらら

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス