1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習の努力量を競う大会「すららカップ」が12月開催

2017年11月15日

学習の努力量を競う大会「すららカップ」が12月開催

すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」の利用者が努力量を競う大会「すららカップ」を、12月1日から来年1月31日まで開催する。

1115-srl今回で14回目を迎える「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく、総学習時間といった「どれだけ努力したか」の努力指標で、学年やエリアを問わず、すべての「すらら」利用者が競い合う大会。今大会では、今年4月から正式に搭載した「AIサポーター」を活用して、AIキャラクターが生徒の学習意欲を高める声かけをし、入賞への意識づけや記録向上に向けた励ましを行う。

また、今年春に「すらら」に小学校低学年版のラインナップが加わったことを踏まえ、「低学年賞」を新設した。同賞は、小学1年生から3年生の受講生だけでランキングを競う賞で、勉強へのモチベーションを保ちにくい小学校低学年生に楽しく学習習慣をつけてもらうことを目的としている。

小学校低学年版は学習障がいのある子どもでも取り組みやすく、学力を伸ばせるように設計されていることから、放課後等デイサービスなどで受講する子どもも増えており、どんな背景を持つ子どもであっても、学習時間という「努力の量」で評価することで、挑戦し自信を深める機会としてもらうことも意図している。

第14回すららカップの概要

実施期間 : 12月1日 (金) ~1月31日 (水)
対象学年 : 問わず
科目 : 英語・数学 (算数) ・国語
範囲 : 小学1年から高校3年の履修範囲
最終結果発表 : 来年2月予定

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス