1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 企業に埋もれたビックデータを活用できる「BizRobo!アナリティクス」開始

2016年7月19日

企業に埋もれたビックデータを活用できる「BizRobo!アナリティクス」開始

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)(*1)のベーステクノロジーとなる「BizRobo!」を提供するRPAテクノロジーズは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)とスターツリーが持つデータ分析のノウハウと「BizRobo!」を組み合わせた、 低価格でビックデータを活用できる産学連携のビックデータ解析サービス「BizRobo!アナリティクス」を7月14日から開始した。

「BizRobo!アナリティクス」サービスフレームワーク

「BizRobo!アナリティクス」サービスフレームワーク

現在、ビックデータは経営に関する意思決定や業務の効率化、新たなビジネスモデルの創出など様々な用途で注目を浴びている。しかし、日本の多くの企業ではビックデータの分析に必要なデータ環境や人的リソース、リテラシー、ツール環境などデータを活用する環境が整備されていないのが現状。さらに、外部に委託する際も効果が出るかわからないデータ分析に高額な予算を掛けることは難しく、企業がビックデータを活用する際の大きなハードルとなっているという。

今回RPAテクノロジーズでは、RPAのベーステクノロジーとして様々な定型業務の代行を行う「BizRobo!」とKBS、スターツリーが持つビックデータの分析ノウハウを組み合わせ、ビックデータの分析から予測、活用までを低価格で実施できる産学連携のビックデータ解析サービス「BizRobo!アナリティクス」を開始した。

まずは、KBSが多くのナレッジを持つ人材業界及び 各企業の人事部門のビックデータの分析、活用から 企業のデータサイエンティストの育成まで、企業のビックデータ活用を統合的に支援していく。

プラン概要

1.スタートアッププラン
内容:既存データを利用した簡易分析サービス
価格:30万円~
2.プロフェッショナルプラン
内容:データ収集から分析、 仕組み化、 運用まで一気通貫して行う本格分析プロジェクト
価格:300万円~
3.プロフェッショナルサポートプラン
内容:運用開始後の後方支援サービス
価格:個別見積
4.トレーニングプラン
内容:データサイエンス教育支援サービス
価格:30万円~
*1:RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、これまでの人間のみが対応可能と想定されていた作業、もしくはより高度な作業を人間に代わって実施できるルールエンジンやAI、機械学習等を含む認知技術を活用した新しい労働力を創出する仕組み(Digital Labor)のこと。

関連URL

RPAテクノロジーズ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス