1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. RPAテクノロジーズ×慈恵大、「BizRobo!」をベースとした共同研究を実施

2019年6月21日

RPAテクノロジーズ×慈恵大、「BizRobo!」をベースとした共同研究を実施

RPAテクノロジーズは20日、同社のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「BizRobo!」を、慈恵大学の研究「医師・病院業務等の働き方改革に関する研究:RPAの有効性の検討」に提供し、共同研究を実施したと発表した。

同研究では、慈恵大の外来患者数報告業務及び未作成・未承認の退院サマリ抽出業務ロボットを構築。ロボットによる業務代替の所要時間を計測し、ロボット稼働時では、職員が業務を行う場合と比較し、約90%の業務時間削減効果が得られた。

このように医療事務の効率化範囲を拡大していく事で創出された時間を活用し、事務職員は医師からの間接業務のタスク・シフティングを推進。医師の過重労働対策の一環として取り組んでいく事ができるようになる。

また、同研究では、具体的には、昨今社会問題となりつつあるMRやCTなどの画像診断、内視鏡検査及び病理検査などで要注意所見の検査結果がそのまま放置されていないかどうかをチェックする「検査漏れ防止支援ロボット」を構築した。

今回の研究成果は、AI活用の次に来る大波として、2018年11月の北米放射線学会で教育展示(慈恵大学・中田典生MD 他)され、「Certificate Of Merrit賞」を受賞した。

同研究については、RPAテクノロジーズの医療分野の戦略的パートナーで、「BizRobo!」の販売代理店でもあるスカイライトコンサルティングと、2018年10月から共同研究を実施してきた。

関連URL

RPAテクノロジーズ

慈恵大学

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス