1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヘッドウォータース、総額1.9億円の第三者割当増資を実施

2016年9月12日

ヘッドウォータース、総額1.9億円の第三者割当増資を実施

ロボットアプリ開発のヘッドウォータースは9日、計5社を引受先として第三者割当増資を実施し、総額1億9000万円の資金調達を行ったと発表した。

11-hqヘッドウォータースは、ソフトバンクロボティクスが提供する人型ロボット「Pepper」を中心に独自開発のロボットアプリの提供を行っており、200件以上の開発実績とノウハウを有している。

2015年には、人工知能や機械学習機能と連携するクラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」を販売開始し、コミュニケーション型ロボットとクラウドサービスを繋ぐことで、より賢く実用的なロボットアプリ開発とロボットの多店舗展開を実現してきた。

現在、企業や店舗によるコミュニケーションロボットの導入が進んでいる一方で、ロボットの“ビジネス活用”にうまく取り組めている事例は少ないのが現状だという。

ヘッドウォータースは、より実用的な“業務”を遂行するロボットの普及を目的として、今回の資金調達により人工知能を活用したクラウドロボティクスの開発・拡充、およびシステム開発を支える優秀なエンジニアの採用を強化していくとしている。

関連URL

ヘッドウォータース

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス