1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 数学の決闘、32時間耐久証明など数学の祭典「MATH POWER 2016」10月開催

2016年9月16日

数学の決闘、32時間耐久証明など数学の祭典「MATH POWER 2016」10月開催

アスキードワンゴとすうがくぶんは、”数学と社会の関わり”をテーマにしたイベント「MATH POWER 2016」を10月4日、5日にかけて35時間連続で東京のニコファーレで開催する。

mathpower2016_160809_03「MATH POWER 2016」は、”数学の楽しみ”や”数学と社会の関わり”について一緒に考えようという意図で企画されたイベント。数学に関するさまざまな企画を実施する。

「32時間耐久証明」という企画では、ラマヌジャンの公式をもとに円周率を32時間ひたすら計算し、πの秘密に挑戦する。

out_sushiki_B2_poster「数学の決闘(仮)」では、ルネッサンス時代のイタリアで行われていた数学の決闘を行い、現在の数学王者を決定する。

そのほかに、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する現役高校数学教師のタカタ先生による「お笑い数学教室」や、東京工業大学理学院数学系の加藤文元教授をはじめとした数学者たちの講演会などを実施。

さらには、10月22日から公開される、数学を題材にした映画『奇蹟がくれた数式』の特別先行上映試写会を行う。

なお、イベントの模様はニコニコ生放送で中継し、視聴者はTeX書式による数式のコメントを書き込むことができる。

概要

日  時:2016年10月4日(火)12:00~5日(水)23:00  ※途中退出・再入場可
会  場:ニコファーレ[東京都港区 六本木7-14-23 セントラム六本木ビル地下1F]
参加費 :2000円(税込) ※参加申込は特設サイトにて受付中

関連URL

視聴URL 
特設サイト 

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス