1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「アプリ甲子園2016」優勝は開成高の大渕雄生さん

2016年10月25日

「アプリ甲子園2016」優勝は開成高の大渕雄生さん

D2C社は23日、全国の中高生を対象としたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」の決勝大会を開催した。中高生10組のファイナリストによるプレゼンテーション後、審査の結果、優勝は大渕雄生さん (東京・開成高校2年) の、認知症の介護サポートIoTツール「Find Family」に決定した。

1025-d2c「アプリ甲子園」は、次世代を担う若手クリエーターの発掘と育成支援を目的として、同社が2011年から開催しているスマートフォン向けアプリ開発コンテスト。今年も7月1日から8月31日まで公式ウェブサイトで募集が行われ、23日にD2Cホールで決勝大会が行われたもの。

「Find Family」は、靴にGPSで位置情報を調べる仕組みが組み込まれ、アプリのマップ上に位置情報を表示する。また、徘徊した場合には、周囲の人から見つかりやすいように、アプリから靴を光らせることもできるというもの。認知症という社会的な課題をテーマに、アプリという枠組みを超え、IoTツールとしての完成度が高く評価された。

準優勝には西村太雅さん (立教新座高校1年) のゲームアプリ「Which is the Floor?」が、第3位には矢鋪明司さん (N高校2年) の音楽ゲームアプリ「DotResonance」が選出された。

その他、技術賞およびセガゲームス賞に木村皓子さん (慶應義塾女子高等学校3年) の「VR絵本メーカー」、パワーハウス賞に大屋彩乃さん (青山学院高等部1年) の「Photton」、電通アイソバー賞に森本くるみさん (青山学院高等部3年) の「言い訳メーカー」がそれぞれ選ばれた。

関連URL

アプリ甲子園2016

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • ICT授業を止めない、快適なネットワーク環境づくり! ~withコロナ時代に先進学校から学ぶ~ 会期:2020年11月10日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛:FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス