1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フォントデザインの確認ツール「Drop&Type 2.0」発売

2016年11月15日

フォントデザインの確認ツール「Drop&Type 2.0」発売

タイププロジェクトは14日、フォントデザインの確認ツール「Drop&Type (ドロップ アンド タイプ) 2.0」を発売した。

main

「Drop&Type 2.0」は、欧文プロポーショナル字幅に対応し、和欧合わせて3000字までの試作フォントを一度に生成できる。従来のMac版に加えて、Windows版のDrop&Type 1.0と2.0も同時発売する。

Drop&Typeは、デザイナーや学生などがフォント化において技術的に困難さを感じることなく、オリジナルデザインの試作フォントを容易に生成し、デザインの確認ができることを目的としたもの。

Adobe Illustratorで作成した文字のアウトラインデータを専用のシートに入れ、ドロップするだけでOpenTypeフォントフォーマットの試作フォントを生成できる。Drop&Typeは、武蔵野美術大学、愛知県立芸術大学、京都精華大学で導入されているという。

「Drop&Type 2.0」は、1ライセンス 4000円で、タイププロジェクトのオンラインショップで購入できる。Drop&Type 1.0からのアップグレード料金は1000円。

関連URL

タイププロジェクト オンラインショップ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス