1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネイティブキャンプの「ニュース教材」が100種類に

2016年11月17日

ネイティブキャンプの「ニュース教材」が100種類に

ネイティブキャンプは16日、「ニュース教材・上級」への20種類の追加で、中級・上級合わせてニュース教材が100種類になったと発表した。

main

ネイティブキャンプは、月額4950円で365日予約無し・レッスン回数無制限のオンライン英会話サービス。パソコンとスマートフォン(iOS端末)どちらでも使える。

世界の様々な珍しい事件やおもしろニュースを教材にし、1つのニューステーマでリスニング、問題による内容理解、音読、ディスカッションを行うことで、内容理解を深め、さらに自分の意見をアウトプットすることができるという。

「ニュース教材・中級」のレッスンは、リスニング→〇×問題→穴埋め問題→同意語問題
→記事の音読→選択問題→ディスカッションという流れ。

また、「ニュース教材・上級」のレッスンは、音読→同意語問題→〇×問題→ディスカッション(質問に自分の言葉で説明)→ディスカッション(決められたシチュエーションに従い、その立場から意見を3つ発言)だという。

100種類のニュース教材は順番どおりに受ける必要はなく、いつでも好きなものを選択し、レッスンすることができる。

関連URL

ネイティブキャンプ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス