1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. エニドア、AI向け多言語機械学習データ作成サービス開始

2016年11月28日

エニドア、AI向け多言語機械学習データ作成サービス開始

バイリンガルに仕事を発注できるクラウドソーシングサービスConyacを運営するエニドアは25日、人工知能向けの多言語学習データを作成するサービス「ConyacDATA」の提供開始を発表した。

ConyacDATAでは、機械翻訳やチャットポットを生成し、品質を向上させるための機械学習用データを、顧客のニーズに合わせて作成する。データは対訳コーパスだけでなく、会話データや音声データも取り扱う。サービス利用に初期費用は発生せず、作成したデータ量と分野に応じて料金が発生する仕組み。

人工知能を導入する場合、機械学習用のデータがないと多額のコストと時間がかかってしまうが、クラウドソーシングを活用して大量のデータを短時間で作成することで、迅速に自社ビジネスにAIを導入し、業務の効率化やビジネスの拡大が期待できるとしている。

関連URL

エニドア

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス