1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 多言語データ作成「Conyac DATA」が音声データを取り扱い

2017年4月20日

多言語データ作成「Conyac DATA」が音声データを取り扱い

エニドアは19日、機械学習用の多言語データを作成するサービス「ConyacDATA」での音声データ取り扱いを、同日から開始したと発表した。

今回の「音声データ」サービスは、 8万5000人のバイリンガルの特性を活用し短期間で大量の音声データの作成ができる。また、クラウドソーシングサービスを活用し低コストでの作成も可能。

世界100カ国の各言語に対応し、同社AIに知見のある専門スタッフが対応する。なお、データ量や分野に応じた料金が発生する。

「音声データ」を導入した企業は、AI向け機械学習用の大量のデータ作成依頼・結果取得作業を自動化することで、業務の効率化と継続的なデータの作成・学習が可能になるという。

「音声データ」の活用例をみると、まずは、音声認識の精度向上 (想定:音声翻訳サービスなど)が挙げられる。あらかじめ用意した文章を指定された言語がネイティブなバイリンガルが読み上げ、専用の音声アプリで録音。その音声データを解析して音声認識の精度向上を図るために活用する。

また、 コンピューターの回答精度向上 (想定:チャットボットなど)にも活用できる。現地ネイティブに発話文の考案を依頼。1文あたり複数の発話文を作成することで、音声で問われた質問内容に対しコンピューターが適切な回答を提示するための精度向上を図るために活用する。

「Conyac」は、バイリンガルに仕事が発注できるクラウドソーシングサービスで、8万人以上が登録。 2009年のサービス開始以来、 数多くの仕事がプラットフォーム上でマッチングされているという。

関連URL

「ConyaDATA」

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス