1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 多言語データ作成「Conyac DATA」が音声データを取り扱い

2017年4月20日

多言語データ作成「Conyac DATA」が音声データを取り扱い

エニドアは19日、機械学習用の多言語データを作成するサービス「ConyacDATA」での音声データ取り扱いを、同日から開始したと発表した。

今回の「音声データ」サービスは、 8万5000人のバイリンガルの特性を活用し短期間で大量の音声データの作成ができる。また、クラウドソーシングサービスを活用し低コストでの作成も可能。

世界100カ国の各言語に対応し、同社AIに知見のある専門スタッフが対応する。なお、データ量や分野に応じた料金が発生する。

「音声データ」を導入した企業は、AI向け機械学習用の大量のデータ作成依頼・結果取得作業を自動化することで、業務の効率化と継続的なデータの作成・学習が可能になるという。

「音声データ」の活用例をみると、まずは、音声認識の精度向上 (想定:音声翻訳サービスなど)が挙げられる。あらかじめ用意した文章を指定された言語がネイティブなバイリンガルが読み上げ、専用の音声アプリで録音。その音声データを解析して音声認識の精度向上を図るために活用する。

また、 コンピューターの回答精度向上 (想定:チャットボットなど)にも活用できる。現地ネイティブに発話文の考案を依頼。1文あたり複数の発話文を作成することで、音声で問われた質問内容に対しコンピューターが適切な回答を提示するための精度向上を図るために活用する。

「Conyac」は、バイリンガルに仕事が発注できるクラウドソーシングサービスで、8万人以上が登録。 2009年のサービス開始以来、 数多くの仕事がプラットフォーム上でマッチングされているという。

関連URL

「ConyaDATA」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス