1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ヤフー、来年2月開催のハッカソンイベント出場チームの受付開始

2016年12月7日

ヤフー、来年2月開催のハッカソンイベント出場チームの受付開始

ヤフーは、24時間でアプリやIoTデバイスなどの「動くプロトタイプ」を創作する「Yahoo!JAPAN Hack Day 2017」を来年2月4日から5日に東京秋葉原で開催する。同イベントの出場チームの申込受付を6日から開始した。

shareimage2017「Yahoo!JAPAN Hack Day 2017」は、プログラマーを中心とした300名以上のクリエイターが日本中から集まり、24時間(2月4日12:00~5日12:00)で、アプリやIoTデバイスなどの「動くプロトタイプ」を開発するイベント。各チームは限られた時間内で自由な発想のもと、独創的なアイデアを形にするための作品開発に取り組む。

開発時間終了後は、発表ステージで各チーム90秒で作品をプレゼンテーション。審査員による審査の結果、優秀な作品を生み出したチームには賞品が贈られる。

出場申込期間は12月6日から1月10日まで。

「Yahoo!JAPAN Hack Day 2017」開催概要

開催日時:2017年2月4日(土)12:00~2月5日(日)18:00
開催会場:秋葉原UDX [東京都千代田区外神田4-14-1]
4F「GALLERY L」(24時間ハッカソン会場)
2F「アキバスクエア」(一般公開ステージ)
開発出場費:一般1000円、学生(社会人学生除く)500円、開発・展示ブース1テーブル(最大3名まで)4000円、開発・展示ブース2テーブル(最大6名まで)8000円。全て税込。チームの人数分を合計した価格を、代表者がチケット購入する。
チーム人数:2~6名

詳細・申込

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス