1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「ハックユー2016」大阪予選の最優秀賞は「自動出欠」アプリ

2017年1月13日

「ハックユー2016」大阪予選の最優秀賞は「自動出欠」アプリ

ヤフーは12日、2016年12月18日に開催した「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」の大阪会場予選の結果を発表した。

unnamed「Yahoo! JAPAN Hack U 2016」は学生チームが特定のテーマと期間で開発したIoTデバイスやアプリなどの作品を審査して、日本一の学生ITクリエイターを決定するイベント。

大阪会場予選では、「Hack U」史上最大の27チーム、106名が参加。最優秀賞には「あまがえる」を開発した、大吟醸@津山高専(チーム名)が受賞した。

予選大会の開発テーマは「自動◯◯ ~世の中のモノ・コトを自動化してみよう~」。

最優秀賞を受賞した「あまがえる」は、学校の出欠を自動で取ってくれるアプリ。現在の学校の出欠は教師が名前を呼び生徒が返事をするという手法。これを生徒全員に行うと5分ほどかかり、時間がもったいない。「あまがえる」は授業の開始時に教室の写真を撮り、その画像を解析して、出欠を自動で取るというもの。取った出欠も自動で管理することができるため教師が出席簿を持ち歩く必要もないという。

審査員からは、学生らしい課題解決になっていること、コンピュータービジョンを使えすぐにでき「自動○○」というテーマにも合致していることなどが評価された。

優秀賞には初の小学生チームを含む4作品が選出。ダイオウゾクムシ研究所の「Bee-Fit」、関西大学DTKソフト班の「camtan(かんたん)」、空手家モアイ族の「シーステーション」、小学生fromPCN三重 with鳥羽商船の「ツンデレ貯金箱」が選出され、ダイオウゾクムシ研究所の「Bee-Fit」は、参加者である学生の投票で選ばれる「Happy Hacking賞」もダブル受賞した。

最優秀賞・優秀賞受賞の5チームは2月に開催の決勝大会出場へ進出する。

関連URL

Yahoo! JAPAN Hack U 2016

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス