1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アンドールが千葉の小学校で3Dモデル作成ソフトを使った授業を実施

2017年3月2日

アンドールが千葉の小学校で3Dモデル作成ソフトを使った授業を実施

アンドールは、千葉県内の小学校で、同社の3Dモデル作成ソフト「ぶろっくめーかー」を使ったデモ授業を実施したと発表した。

「ぶろっくめーかー」は、プログラミング学習と3Dモデルの作成が行えるソフト。ビジュアル化されたコマンドつなぎ合わせ、子どもでも簡単にプログラミングを学ぶことができる。また、正方形のブロックを積み重ねるだけで、3Dモデルを作成することもできる。

2月14日に実施した小学校でのデモ授業では、小学校4、5年の15名に対し、「ぶろっくめーかー」の最新版となるVer2.0を使った3Dモデルの作成などを行った。

関連URL

アンドール

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス