1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アンドールが千葉の小学校で3Dモデル作成ソフトを使った授業を実施

2017年3月2日

アンドールが千葉の小学校で3Dモデル作成ソフトを使った授業を実施

アンドールは、千葉県内の小学校で、同社の3Dモデル作成ソフト「ぶろっくめーかー」を使ったデモ授業を実施したと発表した。

「ぶろっくめーかー」は、プログラミング学習と3Dモデルの作成が行えるソフト。ビジュアル化されたコマンドつなぎ合わせ、子どもでも簡単にプログラミングを学ぶことができる。また、正方形のブロックを積み重ねるだけで、3Dモデルを作成することもできる。

2月14日に実施した小学校でのデモ授業では、小学校4、5年の15名に対し、「ぶろっくめーかー」の最新版となるVer2.0を使った3Dモデルの作成などを行った。

関連URL

アンドール

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 「どんな生徒を育てたいですか?」 生徒の無限の可能性を引き出す具体的な場面と手法、教員のあり方 長崎南山中学校・高等学校講演 2/4(火) WEB開催
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス