1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニー、ALにも使える直感的な情報共有システム「Vision Exchange」

2017年5月11日

ソニー、ALにも使える直感的な情報共有システム「Vision Exchange」

ソニーは、手持ちのモバイル端末やPCとWi-Fiなどで連動して、直感的な操作で手軽に情報共有や共同作業を行えるコラボレーションシステムVision Exchange (ビジョン エクスチェンジ) を、来年1月に発売することを明らかにした。

Vision Exchangeメインユニット「PEQ-C130」

Vision Exchangeメインユニット「PEQ-C130」

同システムは、会議のプレゼンテーションやグループディスカッションに使用するツールで、議論の参加者のさまざまな意見やアイディアを素早く共有し、円滑で効率的な議論をサポートすることを目的に開発された。無料アプリケーションをモバイル端末やPCにダウンロードすることで、手持ちの端末にある情報を直感的に共有できる。

例えば、従来の会議では、参加者のさまざまなアイディアを表示するため、発言する人が変わるたびにPCにケーブルをつなぎ直す手間がかかった。また、映像使用時にすぐに映像が出ないなどの進行上の課題もあった。Vision Exchangeでは、複数の端末を簡単に同時接続し画面上で直感的に映像を選択表示できるため、機器の操作・管理にかかる時間を短縮し、よりスムーズな議論の進行とより効率的なワークスタイルをサポートできる。

通常のプレゼンテーションや会議、グループワークなどの共同作業の用途のほか、ビデオ会議機能を使って遠隔地とのコミュニケーションをスムーズにサポートしたり、教育現場でのアクティブ・ラーニングにも活用ができる。

関連URL

ソニー製品情報サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス