1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TOEICから中学英語まで遊ぶように学べる「英単語アプリ HAMARU2」

2017年6月28日

TOEICから中学英語まで遊ぶように学べる「英単語アプリ HAMARU2」

STUDIO ms32は27日、TOEICから中学英語まで遊ぶように学べる英単語ゲームアプリ「英単語アプリ HAMARU2」(iOS/Android)をリリースした。料金は無料(App内課金あり)。

d26712-4-304606-1「ゲームで暇をつぶす時間がもったいない。時間を有効活用したい」、「英単語アプリはつまらないから続かない」、「英語の苦手意識を克服したい」などの課題をゲームがもつ娯楽性で解決するために「HAMARU2」が誕生したという。

「HAMARU2」は、数学・暗算・脳トレファンに支持されたシリーズ前作「HAMARU」で好評だった、学習アプリらしからぬ「気持ちよさ・美しさ・面白さ・音楽性」に一層磨きをかけ「つまらない学習を楽しさに変えるアプリ」に仕立てたという。

「HAMARU2」の主な特徴は、脳から出るドーパミンが学習に好影響を与えることが広く知られているが、ゲームのもつビジュアルや音・動きの気持ちよさがドーパミンの分泌を助け、学習効果を強力に補助。落ちてくる単語を次々と連鎖消しする爽快感や、ユーザーインターフェースの端々から得られる気持ちよさが学習を補助する。

また、「経験値」「レベルアップ」「ステージクリア」「ハイスコア」「制限時間」「ダメージ」「ランキング」など、学習を継続させる課題の解決に、ゲームで長年培われたロジックが活用されている。

全12曲のBGMは優雅でクラシックな曲調と相まって、α波特有の集中力や記憶力の促進がもたらされる。英単語のヒアリングを邪魔せず、テンポよく問題が解けるような曲調に統一しているという。

関連URL

プロモーション動画

HAMARU2

Android版

iOS版

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス