1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省、障がいのある児童生徒のプログラミング教育事業を公募開始

2017年7月3日

総務省、障がいのある児童生徒のプログラミング教育事業を公募開始

総務省は3日、「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業において、障がいのある児童生徒を対象とした実証の公募を開始した。

総務省は、2016年度から「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に取り組み、地域の人材やクラウド上の教材等を活用したプログラミング教育実施モデルの実証を進めてきた。

2017年度は、障がいのある児童生徒もプログラミング教育を円滑に受けられるように、個々の障がいの状態や特性に応じた実施モデルの実証を行うため、当該実証に係る提案公募を行うもの。

応募対象者は、プログラミング教育を企画・実施する事業者(特別支援学校、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、社会教育施設等の設置者を含む)等。

提案手続

(1)提出期間
2017年7月3日(月)~2017年7月31日(月)(17:00締切)まで
(2)提案方法
公募要領に従い、提出期限までに障がいのある児童生徒を対象としたプログラミング教育実施モデル実証事業公募事務局に必要書類を提出。

詳細・関連書類

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録