1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「すらら」初、大阪・栃木で放課後等デイサービスに導入

2017年7月3日

「すらら」初、大阪・栃木で放課後等デイサービスに導入

すららネットは6月30日、同社の提供するクラウド型学習システム「すらら」が、放課後等デイサービスに導入されたことを発表した。

「すらら」を導入する「個別療育センター ココスマイル」外観

「すらら」を導入する「個別療育センター ココスマイル」外観

放課後等デイサービスは、学校に通学している障がい児に対して、放課後や夏休みなどの長期休暇中に、生活能力向上のための訓練などを継続的に提供することにより、学校教育と相まって、障がい児の自立を促進するとともに、放課後などの居場所づくりを推進するもの。

7月から「個別療育センター ココスマイル」(大阪府) で、8月からは「放課後等デイサービス『グローバルキッズメソッド』」(栃木県) の西原店で、それぞれ「すらら」の運用が開始される。

今回導入されるのは「すらら」小学校低学年版。「すらら」小学校低学年版は、子どもの発達科学研究所監修のもと、一般の小学校低学年の児童はもちろん、発達障がいや学習障がいを持つ子どもでも取り組みやすく、学力を伸ばせるよう、カリキュラム構成や画面の見やすさ、説明の理解のしやすさを考慮して制作されている。

個別療育における学習支援が必要とされるなかで、人に教えてもらうよりeラーニング教材で学習する方が発達障がい児に適している点もあると言われており、「すらら」低学年版を導入することで効果的な個別学習を提供することを狙っている。

関連URL

個別療育センター「ココスマイル」

放課後等デイサービス「グローバルキッズメソッド」

子どもの発達科学研究所

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス