1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. eラーニング教材「すらら」導入の放課後等デイサービス、100施設を突破

2020年2月25日

eラーニング教材「すらら」導入の放課後等デイサービス、100施設を突破

すららネットは21日、同社のAI×アダプティブラーニング「すらら」を導入する放課後等デイサービスが、この約1年で2倍に増え、2月19日に100施設を突破したと発表した。

放課後等デイサービス「といろ」で学習中の児童

放課後等デイサービスは、学校に通学中の障がい児に対し、生活能力向上のための訓練や社会との交流促進などを行い、放課後などの居場所づくりを推進するためのサービスで、2012年の児童福祉法改正で制度化された。

同デイサービスの事業所数は、制度化されて7年半後の2019年10月には1万4080拠点に広がり、全国の発達障がい児童にとって身近な施設となった。

そして、「すらら」を活用することで、指導員に学習指導経験がなくても子どもたちが学習を進めることができ、放課後等デイサービスでも指導員を増やすことなく学習支援を行うことができるようになった。

また近年、将来の就職を見据えた就労準備型放課後等デイサービスが増え、就労準備には学習支援が不可欠と考える同デイサービス経営者が増えてきていることも、「すらら」導入が増えている要因だという。

「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会 5教科の学習を、教師役のアニメーションキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進められるeラーニング教材です。

レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能で、一人ひとりの習熟度に応じて理解→定着→活用のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現できる。

関連URL

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス