1. トップ
  2. データ・資料
  3. 30~40代の母親に、スマホはいつから? 子どものスマホ・PC事情

2017年7月13日

30~40代の母親に、スマホはいつから? 子どものスマホ・PC事情

学研プラスが運営する小・中学生向けプログラミングスクール「Gakken Tech Program」は、子どもを持つ30~40代の女性221人を対象に「子どものスマホ・パソコン事情」に関するアンケート調査を実施。12日、その結果をまとめ発表した。

d2535-1185-365151-4それによると、まず「子どもにいつから自由にスマホやタブレットを使わせてもいいか?」の問いには、第1位に「中学生」、次いで「高校生」だった。第3位は意外にも「幼稚園・保育園」。直感的に操作できるスマートフォンやタブレットなら、幼いころから使えると考える母親が多いようだ。

アンケート結果を合計すると、スマートフォンやタブレットを自由に使っていいと考える年齢は、「中高生」の36.6%に対して、「小学生以下」が39.8%。「小学生以下で自由に使っていい」と考える母親が多い。

一方で、「子どもにいつから自由にパソコンを使わせてもいいか?」という質問には、第1位の回答が「中学生」、第2位は「小学校5~6年生」、第3位は「高校生」だった。

また、「どんなときに子どもにスマホやタブレットを使わせているか?」の回答は、第1位が「外出先で子どもを静かにさせたいとき」。第2位は「子どもが自分から使いたいと言ったとき」、第3位が「周囲に迷惑をかけたくないとき」。

d2535-1185-432571-2「子どものスマホやタブレット利用についての悩みや不安」には、「視力低下」が第1位。2位以下は「依存症になってしまう」「有害サイトを見てしまう」など。

「パソコンやスマホをどのような目的に使ってほしいか?」の質問には、第1位は「家族とのコミュニケーション・連絡手段」。「友人とのコミュニケーション・連絡手段」も僅差で第4位。

夏休みに多数開催される「子ども向けのプログラミング学習イベント」には、約27%の母親が「参加させてみたい」と回答。一方で、「知らなかった」が57%いた。子ども向けプログラミング教育は、まだまだ認知が高いとは言えない様子がうかがえる。

関連URL

Gakken Tech Program

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス