1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 青少年科学技術振興会、公立小中学校向け「FLL学校チャレンジ」募集開始

2017年7月27日

青少年科学技術振興会、公立小中学校向け「FLL学校チャレンジ」募集開始

青少年科学技術振興会は24日、レゴエデュケーション、ロボット科学教育と全国の公立小中学校向け「FLL学校チャレンジ」の参加校の募集を開始した。

PrintFLL学校チャレンジは、より多くの小中学校に国際的なロボット競技会FLL(ファースト・レゴリーグ)へ参加する機会を提供し、プログラミング教育必修化に向けた教育活動を支援するもの。

希望する全国の小中学校に無償でロボットやFLL活動ノウハウを提供し、出場経験のない学校の参加をサポートする。

学校でチームを作り活動し、12月に開催されるFLLの予選会にチャレンジ。

世界に繋がるFLLを通じて子どもたちがプログラミング・ロボットを学び、チームで社会問題を考える活動の中で、21世紀型スキルを身につけたグローバル人材育成に貢献することを目指しているという。

学校で活動することでプログラミング教育・アクティブラーニングの成果を発表することができ、また世界大会を目指した活動にまで幅を広げることができる。

今回希望する全国の公立小中学校には、ロボットキット・FLL学習テキストの無償提供、指導者講習会の無償実施が行われ、指導ノウハウの無い学校でも参加できるサポートが施される。提供されるロボットはFLLで使用するレゴ社製「教育版レゴ マインドストーム EV3」。

募集概要

名称:FLL学校チャレンジ
応募資格:公立の小中学校
応募条件:以下をすべて満たすことが応募条件
1. 始めて参加する学校であること
2. 12月に実施する地方大会(東京、名古屋、新潟)に出場できること(東京12月16、17日、名古屋12月10日、新潟12月17日予定)
3. 活動場所と定期的な練習日を確保できること
4. メンター(コーチ)を最低1人立てられること
5. 参加後、活動レポートを提出して頂きます
※2年以上ご参加できる学校を優先する。

申込み方法:お問い合わせフォームに以下を記入して申し込む。
・問合せ氏名:学校名を記入。都道府県から正式名称を記入。
・メールアドレス:窓口となるアドレス。
・お問い合わせ内容:以下5点を記入する。
1:学校住所
2:学校電話番号
3:担当者名
4:見込み生徒人数
5:応募理由

問合せフォーム

募集期間:2017年7月26日~8月26日
発表:当選した学校に、8月28日にメールで連絡する。

関連URL

FLL学校チャレンジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス