1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. FIRST Japanとレゴ エデュケーション、「FLL学校チャレンジ」を開催

2020年8月26日

FIRST Japanとレゴ エデュケーション、「FLL学校チャレンジ」を開催

青少年科学技術振興会FIRST Japanとレゴ社の教育部門レゴ エデュケーションは24日、国際的なロボット競技会「FIRST LEGO League(ファーストレゴリーグ)」(FLL)の国内での普及と小中学校のプログラミング教育への貢献を目的に、ロボット教材の無償提供や指導者講習の無料実施などのサポートを提供する「FLL学校チャレンジ」を開始し、参加を希望する小中学校を全国から募集すると発表した。

「FLL学校チャレンジ」はFLL参加支援プログラムで、全国の小中学校限定20校にFLLで使われるロボット教材、大会セットを無償提供するだけでなく、指導者講習会の無料実施や大会参加費の割引などのサポートを提供し、FLLへ参加を希望する学校がロボット競技会を通してプログラミング学習に取り組みやすい環境作りをサポートするもの。

日本でFLLを運営するFIRST Japan とレゴ エデュケーションは、より多くの子どもたちが科学技術の面白みを体験し、世界の同年代の生徒との交流を可能にすることで、広く科学人材・グローバル人材の育成に寄与したいとの思いから、2017年に同プログラムを開始。同プログラムを通じてこれまで公立を含む小中学校が世界大会に出場するという事例も出ているという。

今年度はコロナウィルスの影響で大会はオンラインを利用したリモートイベントになるので、全国の学校から参加可能。

また「FLL学校チャレンジ」とは別に、FLLの活動をクラス単位で実施しFLL公式大会には参加せず、学校内で学習成果を発表する「学校内FLL」を開催する「FLLスクールパック」というプランもあるという。

「FLL学校チャレンジ」プログラム概要

募集対象:全国の小中学校(国公私立問わず)
採択数:FLL Explore (対象:小学1年~小学3年) :10校
FLL Challenge(対象:小学4年~高校1年) :10校
募集期間:7月16日(木)~9月30日(水)。定員に達し次第募集を終了。

詳細・申込

関連URL

FIRSTジャパン

レゴ エデュケーション

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス