1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.110 千葉明徳中高の梅澤俊秀先生(前編)を公開

2017年9月27日

iTeachers TV Vol.110 千葉明徳中高の梅澤俊秀先生(前編)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは27日、iTeachers TV Vol.110 千葉明徳中学校・高等学校の梅澤俊秀副校長による「授業改革を目的としたiPad導入!〜全校導入実現までの軌跡と課題〜(前編)」を公開した。

0927-it2015年の夏からiPad導入に向けた準備を開始。具体的な導入スケジュールの作成、ICT推進委員会の立ち上げなどをスタートさせ、先進校に学びつつ様々な準備を進めた。およそ2年かけ、この4月から中学生全学年と高校生1学年全員に1人1台環境のiPad導入をスタートさせることができたという。準備段階での問題点を振り返る。

梅澤先生は、千葉市中央区にある千葉明徳学園、千葉明徳中学校・高等学校に社会科教員として1979年から勤務。社会科では主に地理を担当。専門分野は自然地理。2011年から教頭職。2015年からICT推進委員。2017年、高等学校の副校長に就任。今年度は高校3年生の現代社会を担当。同校で推進するICT利活用の授業実践に取り組んでいる。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、forEstの後藤 匠CEOによる、「ICTサービスの本質を見極めるための視点」。

後藤さんは、株式会社forEst代表取締役CEO。学習はICTでより楽しく・効果的になるはずと考え、東京工業大学在学中にforEstを創業し、今に至る。開発する「おせっかいな問題集ATLS(アトラス)」では、第10回日本e-Learning大賞デジタル参考書部門賞やNTTドコモの起業家支援プログラムにて各賞を受賞した。

おせっかいな問題集ATLS(アトラス)

iT-Lv2

□ 授業改革を目的としたiPad導入!〜全校導入実現までの軌跡と課題〜(前編)

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス