1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. “空気を読む”会話エンジン「PECO」新発売

2017年10月11日

“空気を読む”会話エンジン「PECO」新発売

ワン・トゥー・テン・ロボティクス(1→10Robotics)は10日、 “空気を読む”会話エンジンパッケージ「PECO (ペコ)」を制作し、同日から会話体験パッケージとして販売開始したと発表した。

d16942-19-862301-01→10Roboticsはこれまで、ロボット・スマートデバイス・コネクテッドカー・チャットボットなど、さまざまな会話体験を提供。こうした体験作りの知見を活かして、会話エンジン「PECO」をリリースした。

従来の会話エンジンは、テキストを中心としたやりとりがベースだが、現時点ではそこで扱える情報量も情報密度にも限界がある。人工知能の次の発展には、「マルチモーダルインタフェース」と呼ばれる、複数の感覚を横断し連携する知能が必要だと言われてきた。

そこで、「PECO」は視覚・聴覚・触覚・感情値などの感覚情報や、ユーザー属性や記憶、環境情報などを統合して、文脈として把握することを前提に、新たに設計からやり直した会話エンジンとして開発。センシング機能やイベント情報を取り扱うことで、”空気を読む”会話を実現した。

会話エンジン「PECO」は、ウェブでのチャットボットの他にも、アニメなどのキャラクター、車やスピーカーなどの会話デバイス、そしてロボットまで様々なものに対応できる。

たとえば、10月1日にリニューアルした1→10Roboticsのコーポレートサイトのキャラクター「モッチ」から、会話ソリューションを試すことができるという。

関連URL

ワン・トゥー・テン・ロボティクス

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス