1. トップ
  2. データ・資料
  3. 無料WEB講座「MOOC」は社会人の「学び直し」に有効

2017年10月27日

無料WEB講座「MOOC」は社会人の「学び直し」に有効

日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)は26日、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと共同で実施した「大学のオープン化に関する調査」の結果をまとめ発表した。

調査は主に、大学などの高等教育機関などがインターネットを通じてオンラインで講座を公開する取り組み「MOOC(Massive Open Online Courses)」に関するアンケート。

それによると、学生時代に専攻した科目の「学び直し」経験者は2割、未経験者は8割だったが、「学び直し」経験者については「職業上、復習が必要」が48.3%、「職業上、専攻科目知識では不充分」が42.5%と、必要に迫られた「学び直し」が大きくポイントを伸ばした。

「学び直し」手段としては、書物での自主勉強が圧倒的に多いが、希望を聞くと「WEBの無料講座」と「書物での自主学習」が他を引き離す結果となり、この2つの組み合わせでの学びを希望している、もしくは、程よい無料のWEB講座があればそれで学習したいという意向が読み取れた。

今年度調査から理工系出身者を対象に「学び直し」の実態調査も開始したが、「学び直し」経験者にその学習分野を聞くと、プログラミングや統計学を含む情報系分野が35.3%と圧倒的に多かった。

また、MOOCで学習したい分野については、「音楽、映画」「歴史」「心理学」の順で続き、教養系と実務系科目に万遍なく分散。調査対象者がランダムにも関わらず、上位10分野は4年連続で同様の科目がランクインした。

男女別でも4年連続男性1位は「歴史」、女性1位は「心理学」と結果が分かれたが、2位以下も例年同様、男性では「ビジネス・実学系」への関心が高く、女性は「生活密着系」分野に関心が集まる結果となった。

MOOCと講義動画受講後に直接講義が受けられる対面学習(反転学習)の組合せは、日本独自の取り組みで、その数は講座全体の約4割におよぶ。この対面学習への受講意向はポジティブ層が76%に達し、うち「ぜひ受講したい」が46%と積極的な層が大きくポイントを上げた。

MOOCでは、課されたテストや課題の修了条件を満たした学習者には、履修の証明として「修了証」が発行されるが、8割がその必要性を感じており、モチベーション維持や自己PRに繋がるなどのメリットを感じていることが読み取れた。

同調査は8月25日~9月7日、インターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」登録モニターの全年代を対象に、非公開型インターネットアンケート形式で実施。有効回答者数は1306人。調査は今回で11回目。

関連URL

日本オープンオンライン教育推進協議会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス