1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジョイズ、AIとの会話で英語習得する地域支援を開始

2017年10月5日

ジョイズ、AIとの会話で英語習得する地域支援を開始

AI 英会話アプリ「TerraTalk」を提供するジョイズは4日、都市部に比べ遅れている地方のインバウンド対策を支援する取り組みを、11 月 1 日からスタートすると発表した。無料。

00この取り組みで、接客英語に課題感を持つ地方の飲食店や商店街は、インバウンド対応のノウハウを効率的に習得できるようになる。

「テラトーク」は、AIが発音や表現のレベルを診断し、職種や場面ごとに用意された 100 以上のコースで実践的な英語を学べるアプリ。

ジョイズは、これまで一般向けのアプリ提供以外に、学校やスポーツチームなど各団体が目指す英語力に合わせたカスタマイズ型のサービス開発を行ってきたが、今回の取り組みでは、ジョイズが持つ専門分野に特化した英会話教育の知見を生かし、「教材提供」「ワークショップ」「講演」「コンサルティング」を通じて、地方の飲食店や商店街などのインバウンド対応のサポートを行う。

具体的には、昨今のインバウンド事情の解説から、各店舗や業種ごとに求められるシーンに合わせた教材の作成と接客英語でよく使うフレーズの紹介、そして「テラトーク」の活用術までを伝授するワークショップなどを行う。

とくに教材開発では、インバウンド対策で成功する都内飲食店にヒアリングしたデータをもとに、「日本文化」「メニュー」の2つのポイントに重点を置き、飲食店で良くある英会話の判例をドキュメントとして提供。合わせてアプリでのオリジナルコースも開発した。

関連URL

テラトーク

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス