1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI英会話アプリ「TerraTalk」に苦手分野を特定する「弱点特定機能」

2017年10月27日

AI英会話アプリ「TerraTalk」に苦手分野を特定する「弱点特定機能」

AI 英会話アプリ『TerraTalk(テラトーク)』を提供するジョイズは26日、AI が受講者の学習データから苦手分野を特定する「弱点特定機能」の提供を開始すると発表した。

1027-ttこれまで人間の耳では正確な分析が難しかった発音記号レベルでの弱点の特定をAI が実現し、苦手な分野を効率的に学習することが可能となる。

昨今の教育現場では、指導者不足の観点から、生徒一人ひとりの学習レベルに合わせた英語教育の提供が困難な状況が課題として挙げられている。そこで教育機関からのニーズを受けて、本機能の開発および実装に至ったという。

「テラトーク」は、AI(人工知能)との英会話を通じて英語4技能(聞く、話す、読む、書く)を学習できる英会話アプリ。本機能は、専用ドリルの結果をAIが瞬時に解明し、発音記号レベルでの弱点ランキングを表示。さらに弱点克服のための効果的なドリルを自動生成するため、効率的に英語学習ができる機能。また、テラトーク内での利用者の学習データにもとづき、弱点を特定する精度がさらに向上する点が特徴だという。

これにより、指導者は英会話を要素ごとに分解して評価ができる環境を整備できるほか、教育機関に限らず、テラトークの利用者は効率的に英語力を習得することが可能となる。

□ テラトークの AI が分析した、日本人の苦手な発音ランキング
1位:日本語にはない英語特有の音「ð(th)」 例 )they, this, with
2位:息の強さが日本語と違う音 「d」 例 )dash, do, card
3位:r を習得する以上に注意が必要な音「l」 例 )late, bottle

関連URL

TerraTalk(テラトーク)

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス