1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI英会話アプリ「TerraTalk」に苦手分野を特定する「弱点特定機能」

2017年10月27日

AI英会話アプリ「TerraTalk」に苦手分野を特定する「弱点特定機能」

AI 英会話アプリ『TerraTalk(テラトーク)』を提供するジョイズは26日、AI が受講者の学習データから苦手分野を特定する「弱点特定機能」の提供を開始すると発表した。

1027-ttこれまで人間の耳では正確な分析が難しかった発音記号レベルでの弱点の特定をAI が実現し、苦手な分野を効率的に学習することが可能となる。

昨今の教育現場では、指導者不足の観点から、生徒一人ひとりの学習レベルに合わせた英語教育の提供が困難な状況が課題として挙げられている。そこで教育機関からのニーズを受けて、本機能の開発および実装に至ったという。

「テラトーク」は、AI(人工知能)との英会話を通じて英語4技能(聞く、話す、読む、書く)を学習できる英会話アプリ。本機能は、専用ドリルの結果をAIが瞬時に解明し、発音記号レベルでの弱点ランキングを表示。さらに弱点克服のための効果的なドリルを自動生成するため、効率的に英語学習ができる機能。また、テラトーク内での利用者の学習データにもとづき、弱点を特定する精度がさらに向上する点が特徴だという。

これにより、指導者は英会話を要素ごとに分解して評価ができる環境を整備できるほか、教育機関に限らず、テラトークの利用者は効率的に英語力を習得することが可能となる。

□ テラトークの AI が分析した、日本人の苦手な発音ランキング
1位:日本語にはない英語特有の音「ð(th)」 例 )they, this, with
2位:息の強さが日本語と違う音 「d」 例 )dash, do, card
3位:r を習得する以上に注意が必要な音「l」 例 )late, bottle

関連URL

TerraTalk(テラトーク)

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス