1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. CA Tech Kids、子ども向けプログラミング教育サービスのカオスマップを公開

2017年11月2日

CA Tech Kids、子ども向けプログラミング教育サービスのカオスマップを公開

CA Tech Kidsは1日、子ども向けプログラミング教育サービスを提供する事業者のマップを作成し、公開した。

プログラミング教育については、2020年から日本の全ての小学校において必須となることが決定しており、社会的な関心が著しく高まっている。子どもを持つ保護者を対象とした意識調査では、「2017年に子どもさせたい習い事」としてプログラミング教室が1位となるなど、プログラミング教育サービスに対する需要も高まりを見せており、矢野経済研究所の調査では、市場規模は2016年度で9億円(対前年比225%増)、2017年度で12億円(同133%増)と成長を続けているという。

このような背景を踏まえ、CA Tech Kidsでは、子ども向けプログラミング教育分野の継続的・健全な発展に与することを目的として、同分野で事業を展開する事業者のマップ(カオスマップ*1)を作成し、公開することにした。

1102-catk
CA Tech Kidsは2013年10月に小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」を開講し、小学生が楽しみながら本格的なプログラミングを学ぶことができる環境を提供してきた。開講から4年が経過し、高いレベルのプログラミングに取り組む生徒も増えており、多数の生徒がオリジナルのiPhoneアプリケーションをApp Storeにリリースしている他、「U-22プログラミングコンテスト」や「アプリ甲子園」等の各種プログラミングコンテストで入賞を果たす生徒を輩出するなど、顕著な学習効果が表れている。また、2016年10月には、当スクールの生徒5名がAppleのティム・クックCEOと面会し、自身の開発したiPhoneアプリケーションについてプレゼンテーションを行った。

CA Tech Kidsでは、本資料は、インターネット上の公開情報を基に作成しており、業種区分等は当社の独自見解による分類だとしている。また、掲載しているロゴ、サービス名、社名の表記等に関して、万一問題のある場合には速やかに削除・修正などの対応を行うので連絡し欲しいという。

*1:カオスマップとは、特定の事業領域における事業者を分類・俯瞰した業界地図のことで、アメリカのインターネット広告市場において作成されたことに端を発し、スタートアップ業界において様々なカオスマップが作成されている。

関連URL

CA Tech Kids

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはこちら! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス