1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「ミクロはかせになろう!」スマホ顕微鏡を使った実験講座を開催

2017年11月21日

「ミクロはかせになろう!」スマホ顕微鏡を使った実験講座を開催

東京個別指導学院は、同社が運営する「ベネッセサイエンス教室」の「冬のオプション講座」で、スマートフォンにつけて使う顕微鏡を活用した実験講座「ミクロはかせになろう!」を12月23日~25日に開催する。

同講座は、スマートフォンやタブレットにつける「μHandy (ミュー・ハンディ)」とサイエンス教室で培ったノウハウとを掛け合わせた、ICT活用の顕微鏡観察講座。「μHandy」は、子どもでも簡単にポケットに入れて持ち運べる軽量小型の顕微鏡デバイスと、特殊なシール型プレパラートで手軽に採取・保存ができる教材がセットになった教育キットで、1μmまで見ることができるという。講座で使った顕微鏡は持ち帰りができる。

また、授業で撮影した写真や動画はInstagramに投稿。共有・発表の場として活用し、コンテストも開催する。同社では今回の講座を通じて、子どもたちにミクロの世界を観察してもらい、身近なもののおもしろい姿に興味を持って、それを共有する楽しさを体感してほしいとしている。

講座の概要

開催日時 : 12月23日 (土) ~25日 (月) 曜日・時間は会場により異なる。
開催会場 :
・吉祥寺教室 [東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル2階]
・用賀教室 [東京都世田谷区用賀2-34-15 コンフォートメゾン1階]
・たまプラーザ教室 [神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-10-1 ピースフルプレイス2階]
・上大岡教室 [神奈川県横浜市南区別所1-3-8 エスケイビル1階]
対 象 : 年中~小学校6年生まで。年中~2年生は保護者1名の同伴が必要。
参加費 : 会員、元会員1万6200円 (税込)、非会員1万7820円 (税込) *スマートフォン顕微鏡の代金を含む。

詳細・申込

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス