1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 中央大、湿度でON/OFFスイッチングできる分子ダイオードの作製に成功

2017年12月12日

中央大、湿度でON/OFFスイッチングできる分子ダイオードの作製に成功

中央大学は11日、スイス、オランダの大学との国際共同研究グループが、湿度でON/OFFスイッチングできる分子ダイオードの作製に成功したと発表した。

中央大学理工学部応用化学科の芳賀正明教授と研究開発機構の小澤寛晃准教授が、ベルン大学 (スイス) およびライデン大学、デルフト工科大学 (オランダ) と連携した国際共同研究グループは、湿度によってON/OFF動作する金属錯体をベースとした分子ダイオードを見出し、研究成果はNature Nanotechnology誌に掲載された。

分子ダイオードは近年研究が本格化し、これまでにも多くの研究者によるさまざまな機構のものが確認されているが、外部環境に応答して整流比が数千倍変化する分子ダイオードはこれまで知られていなかったという。同研究で得られた成果は、分子レベルでの水分やアルコール検出などのセンサーの微小化に寄与できるものと期待される。

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録