1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 制限時間内にプログラミングでゴールを目指す「CODE LAND」

2017年12月14日

制限時間内にプログラミングでゴールを目指す「CODE LAND」

プロキッズは13日、for Our Kids、D2Cと共に10日に開催した新感覚イベント「CODE LAND ~魔法のプログラミング腕輪~」の模様を公開した。

光る腕輪をプログラミング

光る腕輪をプログラミング

「CODE LAND」は、「やってみたい」「面白そう」というワクワクを大事に、子どもたちがクエスト(課題)に挑戦しながら、制限時間内にゴールを目指すプログラミングイベント。作る、遊ぶを繰り返すうちに、プログラミングを学ぶことができるという。

10日に開催された第1回目の「CODE LAND 〜魔法のプログラミング腕輪〜」では、腕をふるだけで宝箱が開いたり、ドアが動いたりする腕輪を子どもたちがそれぞれ作り上げていった。腕輪に使用したのは、イギリスで人気の電子工作機器「micro:bit」。

腕輪に必要なアイテムをゲットするには「TRAINING WORLD」というステージをクリアしなくてはならない。ここではプログラミング教育ツールの「PETS」を使用。

子どもたちの熱気に包まれ、あっという間の3時間。まさに「自分で考える学び」だったという。

なお第2回目は2018年2月を予定。詳細が決まり次第、プロキッズのFacebookページやWebサイトを通じて知らせる。

関連URL

プロキッズ

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス