1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 制限時間内にプログラミングでゴールを目指す「CODE LAND」

2017年12月14日

制限時間内にプログラミングでゴールを目指す「CODE LAND」

プロキッズは13日、for Our Kids、D2Cと共に10日に開催した新感覚イベント「CODE LAND ~魔法のプログラミング腕輪~」の模様を公開した。

光る腕輪をプログラミング

光る腕輪をプログラミング

「CODE LAND」は、「やってみたい」「面白そう」というワクワクを大事に、子どもたちがクエスト(課題)に挑戦しながら、制限時間内にゴールを目指すプログラミングイベント。作る、遊ぶを繰り返すうちに、プログラミングを学ぶことができるという。

10日に開催された第1回目の「CODE LAND 〜魔法のプログラミング腕輪〜」では、腕をふるだけで宝箱が開いたり、ドアが動いたりする腕輪を子どもたちがそれぞれ作り上げていった。腕輪に使用したのは、イギリスで人気の電子工作機器「micro:bit」。

腕輪に必要なアイテムをゲットするには「TRAINING WORLD」というステージをクリアしなくてはならない。ここではプログラミング教育ツールの「PETS」を使用。

子どもたちの熱気に包まれ、あっという間の3時間。まさに「自分で考える学び」だったという。

なお第2回目は2018年2月を予定。詳細が決まり次第、プロキッズのFacebookページやWebサイトを通じて知らせる。

関連URL

プロキッズ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス