1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンライン辞書Weblio、今年の英単語2017に「FACT」が決定

2017年12月14日

オンライン辞書Weblio、今年の英単語2017に「FACT」が決定

ウェブリオは13日、「Weblio今年の英単語2017」に、4万5千人以上のユーザーが検索した英単語「fact」を認定したと発表した。

d22962-4-869442-0「今年の英単語」は、同社のオンライン辞書「Weblio英和・和英辞典」で年内に検索数が急上昇した英単語を調査し、各年の世相を最もよく表す英単語を認定するもの。2014年から始まり今年で4回目の開催。

今年の英単語2017は、「事実」や「現実」と訳される英単語「fact」。年間総合検索数は4万5948で、2月12日には5152人のユーザーがその意味を調べた。「fact」はもともと多く検索される基礎英単語だが、今年は2月に突出した検索数の急増を見せたほか、世間のニュースと連動した検索数の増加が見られた。

「fact」(真実)に対し、今年は「fake news」(嘘のニュース)という言葉もよく聞かれた。アメリカのトランプ大統領がメディアを名指しで「You are fake news」と呼んだことも、大きな話題となった。しかし、「fake news」がWeblio英和・和英辞典で際立って多く調べられた形跡はなく、「fake」(偽の)単独についても同じ様子だった。

一方、「fact」の検索数の急増は、「オルタナティブファクト」(alternative fact)や「ファクトチェック」(fact check)といった語への世間の注目の高まりと連動していることが読み取れた。フェイクニュースへの警戒が高まるにつれ、多くの人が「嘘のニュースに対し、事実とは何か」ということを見つめ直していたようだ。

今年の英単語2017の選考では、「fact」のほか、FABULOUS、CELEBRATE、PARTIAL、CARRIER、PRECIOUS、BILLION、FAREWELL、SURMISE、FAKEの9語が候補としてノミネートされた。

関連URL

「今年の英単語」特設サイト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
DRONE STAR スターターセット 全員貰えるアンケートキャンペーン 学校・教育関係者対象 4/26(木)17時59分迄
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録