1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンライン辞書Weblio、今年の英単語2017に「FACT」が決定

2017年12月14日

オンライン辞書Weblio、今年の英単語2017に「FACT」が決定

ウェブリオは13日、「Weblio今年の英単語2017」に、4万5千人以上のユーザーが検索した英単語「fact」を認定したと発表した。

d22962-4-869442-0「今年の英単語」は、同社のオンライン辞書「Weblio英和・和英辞典」で年内に検索数が急上昇した英単語を調査し、各年の世相を最もよく表す英単語を認定するもの。2014年から始まり今年で4回目の開催。

今年の英単語2017は、「事実」や「現実」と訳される英単語「fact」。年間総合検索数は4万5948で、2月12日には5152人のユーザーがその意味を調べた。「fact」はもともと多く検索される基礎英単語だが、今年は2月に突出した検索数の急増を見せたほか、世間のニュースと連動した検索数の増加が見られた。

「fact」(真実)に対し、今年は「fake news」(嘘のニュース)という言葉もよく聞かれた。アメリカのトランプ大統領がメディアを名指しで「You are fake news」と呼んだことも、大きな話題となった。しかし、「fake news」がWeblio英和・和英辞典で際立って多く調べられた形跡はなく、「fake」(偽の)単独についても同じ様子だった。

一方、「fact」の検索数の急増は、「オルタナティブファクト」(alternative fact)や「ファクトチェック」(fact check)といった語への世間の注目の高まりと連動していることが読み取れた。フェイクニュースへの警戒が高まるにつれ、多くの人が「嘘のニュースに対し、事実とは何か」ということを見つめ直していたようだ。

今年の英単語2017の選考では、「fact」のほか、FABULOUS、CELEBRATE、PARTIAL、CARRIER、PRECIOUS、BILLION、FAREWELL、SURMISE、FAKEの9語が候補としてノミネートされた。

関連URL

「今年の英単語」特設サイト

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス