1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 植物写真アプリ「GreenSnap」、撮るだけで名前がわかる機能を追加

2017年12月19日

植物写真アプリ「GreenSnap」、撮るだけで名前がわかる機能を追加

GreenSnapは18日、同社の運営する植物写真投稿アプリ「GreenSnap」で、撮るだけで名前がわかる「教えて!カメラ」を人工知能×ユーザー知能の融合型へアップデートしたと発表した。

d16894-12-157401-1GreenSnapは毎日3000枚以上、累計100万枚以上の植物写真が投稿されているというSNSアプリ。植物の名前や育て方を知りたい、植物好きな人と交流したいなどのユーザーのニーズをカバーした機能やコンテンツを提供している。なかでも「教えて!カメラ」は、機械学習を利用して人工知能が植物の名前を自動回答してくれるカメラ機能で、撮影したらすぐに回答が見られ、手軽に利用することができる。

一方、「名前を教えて!」というタイム付き写真をタイムラインに投稿することで、見ず知らずのユーザーたちが回答してくれる機能も提供されている。回答スピードは人工知能に及ばないが、植物に詳しく親切なユーザーが多いので精度も高いうえ、育て方や手入れの方法なども合わせて教えてくれると好評。そこで「教えて!カメラ」機能を、早くて手軽な「人工知能」と親切丁寧な「ユーザー知能」の両者に問いかけることができる融合型にアップデートした。

アップデートに対応したiOS版アプリの提供はすでに開始されており、Android版アプリの提供も今月下旬を予定している。

関連URL

iOS版アプリ

Android版アプリ

GreenSnap

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス