1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 植物写真アプリ「GreenSnap」、AIが判別できる種類を2倍にアップデート

2019年1月30日

植物写真アプリ「GreenSnap」、AIが判別できる種類を2倍にアップデート

GreenSnapは29日、植物写真アプリ「GreenSnap」で、人工知能(AI)が植物の名前を教えてくれる「教えて!カメラ」の判別できる種類を2倍にアップデートした。

0130-gr「GreenSnap」は30代から40代女性をターゲットとした、植物に特化したSNSアプリ。植物の名前や育て方を調べたり、植物写真のタイムライン投稿やアルバム記録などの機能を備えており、植物好き同士の活発なコミュニティも存在する。

人工知能が植物の名前を教えてくれる「教えて!カメラ」を搭載し、写真を撮るだけで自動的に「○○かも!」と植物の写真と名前がいくつか表示される仕組みになっている。このたび、利用者の増加とともに、花・観葉植物・多肉植物など独自に分析したユーザーニーズにマッチするよう、人工知能が判定する種類を2倍にアップデートした。

さらに、判定ロジックも変えることでより使いやすくするとともに、人工知能だけでは確実な回答に辿りつけない場合には「教えてタグ」をつけることで、「GreenSnap」ユーザーに教えてもらうこともできるようにした。

同社では、利用数の増加する春先に向けて、植物販売や体験ができるイベント「GreenSnap Marche」でも同アプリの活用を予定している。

関連URL

GreenSnap

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス