1. トップ
  2. 学校・団体
  3. VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインをリリース

2018年1月9日

VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインをリリース

ロケーションベースVR協会は5日、両眼立体視機器を使用した施設型VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインを施行した。

0109-vr同協会は業界団体として、事業者が子どもの立体視の発達への影響に配慮した自主規制を行う際の指針を明示することで、市場の健全な発展を目指すとともに、教育、研修分野などにおいて新しいアプリケーションの創出や活用を促進すべく、VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインについてワーキンググループを立ち上げて協議してきた。

ワーキンググループでは、13歳未満の子どもの立体視の発達への影響について、事業者が係員によって使用時間および頻度を管理することを前提に、現在の水準に照らした医学的見地を踏まえて検討を重ねてきた。

その結果、保護者の同意を前提として、一定の休憩取得および既存疾患の有無などを考慮したガイドラインを制定し、施行することとなった。ガイドラインは制定時における最新の事実に基づいて策定されているが、同協会では基礎事実の変更などがあれば、その都度、議論していくとしている。

関連URL

VRコンテンツの利用年齢に関するガイドライン

ガイドラインに関するQ&A

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス