1. トップ
  2. 学校・団体
  3. VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインをリリース

2018年1月9日

VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインをリリース

ロケーションベースVR協会は5日、両眼立体視機器を使用した施設型VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインを施行した。

0109-vr同協会は業界団体として、事業者が子どもの立体視の発達への影響に配慮した自主規制を行う際の指針を明示することで、市場の健全な発展を目指すとともに、教育、研修分野などにおいて新しいアプリケーションの創出や活用を促進すべく、VRコンテンツの利用年齢に関するガイドラインについてワーキンググループを立ち上げて協議してきた。

ワーキンググループでは、13歳未満の子どもの立体視の発達への影響について、事業者が係員によって使用時間および頻度を管理することを前提に、現在の水準に照らした医学的見地を踏まえて検討を重ねてきた。

その結果、保護者の同意を前提として、一定の休憩取得および既存疾患の有無などを考慮したガイドラインを制定し、施行することとなった。ガイドラインは制定時における最新の事実に基づいて策定されているが、同協会では基礎事実の変更などがあれば、その都度、議論していくとしている。

関連URL

VRコンテンツの利用年齢に関するガイドライン

ガイドラインに関するQ&A

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス